夜勤の単発派遣は患者さんの顔も疾患名も分からないまま仕事を開始するので、トラブルや急変があった時の対処が難しいのがデメリットですね。

夜勤の単発派遣は患者さんの顔も疾患名も分からないまま仕事を開始するので、トラブルや急変があった時の対処が難しいのがデメリットですね。

夜勤の単発派遣の仕事は、日中の時間を有効的に使えて、私には働きやすい仕事です。

夜勤の単発派遣は、時給がいいから、週に一回の仕事で3万5千円前後の収入になります(*^^*)

夜間長時間の看護師の仕事は大変だけど、プライベートを重視した働き方ができるので気に入っています。

夜勤の単発派遣は、私にはメリットの多い仕事なんですd(^_^o)

しかし、夜勤の派遣は、派遣先によってかなり待遇もちがいますし、辛いなぁって思うこともありますよ( ;´Д`)

単発派遣の仕事は、その都度職場が変わることもあり、患者さんの経過や看護業務のオリエンテーションなしに業務に入ることもよくあります。

患者さんの顔も名前も、疾患も理解しないまま業務に入るのって、けっこう不安ですよ〜(・_・;

派遣は、フリー業務などに入り、患者さんに直接関わるのは常勤ナースが主にやっています。

だけど、急変などあると、夜勤の人数が少ないから、派遣ナースも対応に追われます。

急変した患者さんに常勤ナースが対応すると、他の対応などは派遣ナースが行ったりしますが、なにぶん顔も名前もわからないですから、普段の対応もらわからない(T ^ T)

ADLも、もちろんわからないですから、トイレ誘導すら悩んでしまいます;^_^A

急性期病院では、急変も多いし、常勤ナースの仮眠中は、ドキドキしますね。

また、医療行為の少ない介護施設でも、急変やトラブルは起こります。

介護施設は、ナースも少ないし、急変やトラブル発生時はバタバタします(;´Д`A

基礎疾患情報など、把握できていないし、施設によって設備も違うから、対応に混乱してしまうこともあります。

急変など起きない穏やかな夜勤の日もありますが、急変やトラブルが起こると派遣ナースは対応が難しくデメリットですね...( ;´Д`)

2014年4月12日|